除毛クリームのデメリットは

除毛クリーム除毛剤
使用上の注意する点ですが、
そのままデメリットにも当てはまります。


まず、
肌にダメージを与えます。
これは個人差はありますがダメージを負うことは
確かです。


アルカリ成分の除毛剤はたんぱく質を溶かす
性質があります。
毛もたんぱく質で出来ていますが、肌もたんぱく質です。



肌の強い人も放置時間が長ければダメージを受け
赤くなったりしますので注意が必要です。

そのため脱毛部位も肌の薄いところや
粘膜の近くはトラブルの元となりますので使用できません。



基本的には腕や足や背中などを中心に
考えたほうが良いです。


肌が敏感になっている肌荒れ時や生理時には
使用を控えたほうが良いと思います。



また表面の毛を溶かすため当然また生えてきます。
毛根を破壊するものではないので当然ですが・・・


そのため繰り返し使うことになりますが
使用頻度は肌の状態など個人差がありますが
肌ダメージのため最低でも1日以上はあけることが必要です。


当然、使用前にはパッチテストを行い
大丈夫か調べてくださいね。


しっかりと使用上の注意を読み安全に使いたいものです。



スポンサーサイト



テーマ : ムダ毛の悩み   ジャンル : ヘルス・ダイエット

除毛クリームのメリット

除毛クリームはアルカリ性で
たんぱく質で構成されている
ムダ毛を溶かす効果があります。


その反応をうまく利用して除毛剤として
世に出ています。


そんな除毛クリームの
メリットやデメリットについて
確認しておきたいと思います。


メリットとしては、
カミソリや毛抜きのように
直接的に肌を傷つけることが無いため
安全に除毛できます。

表面に出ている毛を処理するので
毛根にダメージを与えないため
また再生します。
(これはメリットでもありデメリットでもあります)


使った後はカミソリのようにブツブツにならずに、
仕上がりがきれいです。


またなんたって
手軽に使用できます。


いろいろメリットがあります。


ただし使用する上で注意しなければいけないことも
あります。
デメリットとも重なってきますので一緒に
記入していきたいと思います。


テーマ : ムダ毛の悩み   ジャンル : ヘルス・ダイエット

除毛クリーム(脱毛クリーム)とは

除毛クリームはカミソリや毛抜きのように
直接肌に傷つけるようなことはありません。



薬剤で溶かすため処理跡が
カミソリなどのように毛の断面が
黒くポツポツと残ることも無く
きれいに仕上がります

笑顔1


除毛クリーム(脱毛クリーム)は、
アルカリ性の性質を持った薬剤のため
たんぱく質を主成分としたムダ毛を
溶かす役割があります。



この性質をうまく利用してできているのが
除毛クリームなんです。


カミソリで剃ったときのようにカミソリ負け等も
起こりませんし剃り後がブツブツになることも
ありません。

また埋没毛の心配もありません。


ここまで見れば完璧に近いですが、
その性質上、欠点もあります。


実は人間を構成している主成分は
たんぱく質なんです。


ムダ毛だけに塗布することが出来ればいいですが
肌に直接塗るために、肌の弱い人はダメージが
大きくなります。



そこは個人差がありますので、
必ずパッチテストを行い実施するように
してください。


そして処理跡にはお手入れが重要。

肌にとってはかなりの負担となっています。
しっかりとケアを行いましょう



人気ブログランキング
クリック応援お願いします。

脱毛 ブログランキングへ








テーマ : ムダ毛の悩み   ジャンル : ヘルス・ダイエット

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
人気ブログランキング参加中 ボッチと応援お願いします。
脱毛 ブログランキングへ
人気キーワードランキング
  • SEOブログパーツ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR